2013.07.01

ストレッチの効果がない原因は…

・ ストレッチ の科学 肩こり・腰痛対策になる正しいストレッチを科学します! 所さんの目がテン!

・ 体を柔らかくするストレッチは反動をつけてはダメなのだ!

・ ②腰痛&肩こり対策!「正しいストレッチ法」のポイントとは?

30秒伸ばす理由は、筋肉を伸ばすと筋紡錘という筋肉の長さを察知するセンサーが伸ばされます。この筋紡錘は「筋肉が伸ばされた!」という信号を脊髄に伝え「伸ばされたから縮め!」という命令を出します。10秒以上伸ばし続けると筋紡錘の動きは低下し「このままだと切れる危険があるから緩め」という別の命令が腱紡錘というセンサーから出され、筋肉が伸びるのです。小さい筋肉でも最低10秒以上、ハムストリングのような大きい筋肉なら30秒以上伸ばすのが重要です。


ストレッチの体勢をしばらくキープしないと 効果がでないのか 知らなかった…


③体の柔らかさを持続させる方法とは?


ストレッチの効果を長く保つ方法

ストレッチに、反対側の筋肉を使う運動を組み合わせて定期的に行うと体は柔らかくなるのだ!

 ちなみに、肩こりの原因となる「肩甲挙筋」の反対側の筋肉は「僧帽筋下部」。ここの筋肉の使い方は…


僧帽筋下部の使い方


なるほど、背中の 僧帽筋下部ってのを 鍛えると 肩こりを根本から治せる と言う訳なのだな!

この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1668-5164a0f1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する