--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.12.24

肩甲骨を大きく動せば疲れが解消する

・所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!:テレビ東京
の 2011年12月30日 の再放送で たまった疲れを吹き飛ばすカンタン体操の達人! 見ました。

DSCN6556.jpg
肩こりを改善するには肩甲骨を動かすのが有効です。



DSCN6557.jpg
肩甲骨は多くの筋肉がつながった上半身のかなめ


肩甲骨の動きが悪いと 体の動きも悪くなり 疲れがたまってしまう。


肩甲骨の 「動きが悪い」 とは 「動きが小さくなってしまっている」 ということ 
「稼動域が狭い」 ということ。


肩甲骨が 大きく動くようになれば 疲れも とれる



まわりの筋肉をゆるめて浮く状態にしてあげれば

DSCN6566.jpg

血液が流れて コリも改善していきます。



肩甲骨ストレッチ


肩甲骨の動きを良くする には、

DSCN6569.jpg

肩甲骨を、
①八の字にする
②開く
③浮かせる
体操をします。



①肩甲骨を八の字にする くねくねヘビ体操

手のひら裏返して組んで そのまま腕を上げ、

DSCN6571.jpg

左右それぞれ5回転を3セット行う。



②肩甲骨を開く ワシ体操

腕を交差させて腕を組んだまま 上体を反らせる

DSCN6574.jpg

左右の腕を組み替え それぞれ5秒間キープを 3セット 行います。



腕が組めない人は 手のひらとヒジを合わせて でも 良い。

DSCN6575.jpg



③肩甲骨を浮かす エビぞり体操

座った状態で後ろに手をついて

DSCN6578.jpg

膝を床につけます。



以上

この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1561-f19f5137
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。