--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.20

動物園の動物のエサを手配する会社

・ NHKネットクラブ 番組詳細 ビジネス新伝説 ルソンの壺「グルメな動物たちを満足させろ!」

動物園にエサとなる草木を納める専門の会社、クローバーリーフ。一頭一頭の好みに合わせ、野を越え山越えエサ集め。ニッチな市場にあえてこだわる、西窪社長の哲学に迫る。



獏バクでも 一日に 椿ツバキの木 一本分の 葉っぱを食べちゃうって 言うんですから、

あれだけ 動物がいると 餌代かかるだろうな… っていうのは 思ってました けど

作って 収穫(収集?)運んでくる 仕事の人がいらっしゃる とは 考えたこともなかったです。

そう言われると 餌って 栄養があれば 何でも良いって わけじゃないですよね。

イキモノを育てた経験があれば、
食べてくれなかったら どうしよう… や 安全なものか? って いう 常の不安は わかるでしょう。

動物の種類によってだけじゃなくて 
動物 個々にも 好みがあるって言うから たいへん。

 

京都市動物園の キリンは トウネズミモチが 好きで、
大阪の天王寺動物園の キリンは アラカシを 好む。

京都市動物園のゾウは 竹の柔らかい部分が 好きで、
神戸の王子動物園の象は 竹の硬くて太いところが 好き。

パンダの食べる竹は、春に葉が生え変わるので、
関西一円で 20から30箇所の 場所を 用意しておいて 葉の生え変わる時期をずらして 収穫する。

牧草を 刈るときは 鎌などで 手刈り ←重労働
 機械を使うと 土やゴミが混ざったり 油の匂いが つくので

王子動物園の 名飼育係 故:亀井一成氏 に 多くのことを学ぶ。
 栄養を与えすぎると かえってストレスになる こと


不自由な生活をしている動物に故郷に近い食べ物を届けてあげたい。


・ 有限会社クローバーリーフ「西窪 武さん」-京都府山城広域振興局ホームページ

京都市動物園のゴリラはドクダミを食べるけれど、王子動物園(神戸市)のゴリラはドクダミを食べない

この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1366-371bd824
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。