2012.02.16

最近の虫歯予防事情

・ 食後すぐの歯磨きはNG 虫歯予防の新常識  :日本経済新聞

コーラ飲料はとても強い酸性。体の中で最も硬いとされるエナメル質も、酸性では軟らかくなり溶け出す。頻繁に強い酸性にさらされればすり減る。「食習慣と飲み方のクセで起きた『酸蝕歯(さんしょくし)』」

 口の中が酸性になっても、唾液の力で中和されて溶けたエナメル質も復活する。ただし、30分ほど時間がかかる。食後すぐに歯をゴシゴシと磨くと軟らかくなったエナメル質を削り落としかねない。とはいえ、自分が食べた食事が酸性かどうか見分けるのは難しい。そこで「食後は歯磨きまで30分ほど置くのが安全策」




よく「毎食後すぐに3分間」といわれたが、「なんとなく3回磨くよりも1日1回、特に寝る前に口の中から徹底的に汚れを出すことが大事」と鶴見大学の桃井保子教授は強調する。

何時間がんばっても歯ブラシで落とせる歯垢はせいぜい60%。限界もある。それが歯と歯茎の狭いすき間まで届くデンタルフロスを使うと86%まで上がる。

歯石取りを兼ねるなど、せめて半年に一度は歯科医院で状態を見てもらって

忙しくて歯を磨けないときに緊急策として使えるのがガム

水道水にフッ素を入れるなど海外には日本と比べてフッ素を虫歯の予防に積極的に使う国が多い。


へぇ

この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1358-dc7094df
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する