2012.01.26

ストレッチでアンチエイジング

・ 30秒で肌が!血管が!冬の若返りストレッチ : ためしてガッテン - NHK

そもそも、コラーゲンは全身の細胞や組織を支える働きをしており、実は筋肉もコラーゲンの膜でおおわれています。

しかし、運動不足や糖質のとりすぎなどで血糖値が高い状態がつづくと、コラーゲンに糖がまとわりついて伸びにくい筋肉に変質してしまうのです。

この現象は「糖化」とよばれ、筋肉のみならず骨や血管など全身の老化を加速する原因と考えられています。




実は近年、糖化されたコラーゲンがストレッチによって改善されることがわかってきました。

ストレッチで筋肉をのばしていくと、その刺激によってコラーゲンを製造する特別な細胞「線維芽(せんいが)細胞」が活性化します。

そして、糖化されたコラーゲンを壊して、新しいコラーゲンに置き換えてくれます。柔軟性を高めることは、いわば全身の筋肉を若返らせることなのです

さらにうれしいことに、ストレッチによって「血管の筋肉」も柔らかくなり、動脈硬化が改善していく事が分かってきました。

国立健康・栄養研究所がおこなった研究では、半年間ストレッチを継続したグループでは血管年齢が平均でおよそ10歳若返ったという結果が出ています。

・ 30秒で肌が!血管が!冬の若返りストレッチ : ためしてガッテン - NHK
この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1345-3a8f7881
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する