2011.02.10

東京上野パンダ来園 パンダ舎改修内容

・ パンダおいで準備万全 上野動物園に床暖房・LED照明

昨年(2010年)10月から約9千万円パンダ舎改修。
飼育員が中国で研修、専門家中国から助言。
場所によってアクリル板を取付柵高さ2.5~2.7メートル。
「電柵」高齢のリンリンには必要なかった。
自然に近い環境。
水飲み場を不規則の円形、深さも変化。
赤いタイル張りの室内運動場の床は、色と質感を土に近づけるように砂を混ぜたモルタルを敷き、
階段からなだらかなスロープに。
寝転がるためのテーブルはコンクリートから丸太。
室内運動場の床の一部は床暖房。
照明は発光ダイオード(LED)。
室内の空調調節、
室外に砂浴び場。
手前の植え込みを撤去、来園者がアクリル板そばまで寄れる。
見学場所をスロープから3段の階段状にし、ベビーカーでも動きやすい。


この記事へのトラックバックURL
http://pandaspoon.blog102.fc2.com/tb.php/1099-75da2f8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する